ボイラメーカーはどこがいい?三浦工業・サムソン・日本サーモエナー徹底比較

ボイラ業界では、三浦工業株式会社が不動のトップに鎮座しておりますが、その他のメーカーはどうでしょう?今回はそんなボイラーメーカーを徹底比較したいと思います。

三浦工業株式会社

1959年精米機発売のため創業。本社愛媛県松山市。
1960年小型貫流ボイラの製造開始、
1968年「世界一安くて良いボイラーをつくろう!~個人目標と経営計画の統合」をスローガンに事業展開。現在では小型貫流ボイラが国内トップシェアを誇ります。

有名人を使用したCMが話題になりました。現在では、ボイラ、舶用ボイラ・排ガスボイラ・水処理装置・食品機械・滅菌器・薬品などの製造販売、メンテナンス、環境計量証明業 など。三浦工業の高い技術力がさまざまな分野で活躍しています。

特に当社でもおススメするRV120-Zは、ミウラが最も得意とする、貫流蒸気ボイラの簡易型。ボイラ効率96%の高確率仕様、コンパクトな設計と東京都低NOx、SPSミニ対応など、人環境に配慮したコンパクト高性能ボイラです。

サムソン株式会社

1945年岡﨑鉄工所として創業。本社は香川県観音寺市。
1985年 確固たる企業理念として「サムソンイズム」を策定

世界初の真空式温水機を開発。真空式ならではの省エネ・省スペース、マイコン制御、安全設計など常識を破るメカニズムと燃費の良さで、現在も世界でトップシェアを誇ります。

半世紀以上にわたり、「サーモテクノ(熱技術)」にこだわり続けたサムソン。現在では、ボイラ、食品機器および水処理機器の開発、製造、販売並びにメンテナンスなど。

日本サーモエナー株式会社

1961年株式会社タクマの子会社として設立。
2005年荏原ボイラ株式会社との合併により今の社名へ変更。汎用ボイラ、特殊ボイラの製造・販売・サービスを一貫して取扱う

「民生熱エネルギーの分野でトップ企業となること」 をスローガンに、地球温暖化・省エネ対策など環境に配慮に人力。CO2削減量でトップ企業を目指しています。

まとめ

最近のボイラは本当にすばらしい!旧ボイラー・大型ボイラーをご使用のお客様へは新型オススメです。各メーカー、長所短所、得意不得意がございます。弊社では、記載以外のメーカーも取り扱っておりますので、相談見積もりなど、まずはお気軽にご連絡ください。

お問合せはこちらから

クリーニング、プレス、アパレル縫製用機械や各種ボイラーの販売修理なら