全自動立体包装機納入および設置、搬入困難な場所でもなんとかします

今回は全自動立体包装機の設置について。いろいろな会社に電話したが、どこも設置してくれず困っていると、弊社へお問い合わせをいただきました。設置場所は倉庫の4階部分、エレベーターや階段からは物理的に無理だそうです。

そのため他社では見事に断れたのですが、どうしても諦められず、業者を探しているところで弊社にたどり着いたそうです。もちろん弊社ではお受けいたしました。

そんな今回は、他社で断り続けられた大きな機械を、どうやって取り付ける事ができたのか、納品および設置の様子をご紹介させていただきたいと思います。

全自動立体包装機とは

全自動立体包装機とは、その名の通り、商品を自動で包装する機械です。指定された場所に商品をひっかけスイッチを押すだけ、あとはセンサーが長さをキャッチし梱包(こんぽう)します。

処理能力は、1時間におおよそ600枚程度を目安にしてください

電話で判断せず現地調査に向かって、ほんとうに無理かどうか判断する

今回のお客さまの場合、断られた一番の理由は、本体の高さがあり大きすぎたからです。4階に設置するのにエレベーターには乗らず、階段は手すりが邪魔して通れなかったので、どの業者も断ってきたのですね。

そこで弊社では何をするかというと、まず現地調査をします。今回のお客さまの場合は、窓が外れることがわかりました。そのため、クレーンでつり上げ、外から納入が可能と判断し、それに対するお見積りを提出しました。

クレーン作業にて納入の様子

納入には、特殊重機とクレーンを使用しました

今回は大きな機材を使うため、あらかじめ「道路の使用許可」を取得しました

安全を確認して商品を納品します

クレーンに設置

慎重にクレーンでつり上げます

まわりの安全を確保し、商品に傷がつかないよう慎重に作業を進めます

室内に入ってからもゆっくりと丁寧に

総勢8名の作業員による作業で無事設置が完了しました

他社で断られた機会の設置はお任せください

弊社は機械の販売のみならず、お客さまの店舗に合わせたアドバイスをしてまいりました。クリーニングの機械は比較的大きな商品なので

・道路にトラックが入らない
・会社の入り口から入らない
・ほかの機械をどかさないと無理

など、今まで数多くのいろいろな状況の現場を経験してまりました。50年以上の実績を持つ弊社だからこそ、そのさまざまなお客様の困ったに対応することが可能です。

弊社ではどんな場所でも、原則「何とかします!」というのをモットーにしています。

・納品を断わられた
・うちの場所には入らないだろう

という方でも、ぜひ一度ご連絡ください!関東エリアでしたら、お見積もり無料で現地調査にまいります。

【お問い合わせはこちらから】

お問合せはこちらから

クリーニング、プレス、アパレル縫製用機械や各種ボイラーの販売修理なら